元照


圖書

主題圖書
元照讀書館線上影音
月旦講座
代理總經銷

優惠活動


元照: 政大出版社 > 總書目 > 政大出版總書目

日本語の自他両用動詞の研究-「自他対応」「自他交替」との関

日本語の自他両用動詞の研究-「自他対応」「自他交替」との関

【作 者】王淑琴
【書 號】 5N760PA
【出版社】 政大出版社
【出 版】 2020/07
【版 次】 1
【ISBN/ISSN】978-986-988-215-6
【定 價】420
【特 價】378
試讀: 1
 
 
 本書簡介

  本書はコーパスに基づいて日本語の自他両用動詞の具体的な用法を記述し、また、構文的対応関係における自他両用動詞と自他動詞の平行性を利用して自他動詞の意味的対応関係と自他交替という現象を考察するものである。コーパスやコーパスツールを最大限に生かし、言語現象の間の関連性、分布を記述し、用例判断の基準をコーパスに基づいて明確化するなど、なるべく言語直感に頼らない分析方法が使われる。コーパスに基づいて構文レベルで用法を記述することで、より実際の使用状況が反映される、教育にも応用できる考察結果が得られる。

 
 圖書目錄

まえがき

第 1 章 序 論
1.1研究目的
1.2研究対象
1.3資料収集
1.4本研究の構成

第 2 章 先行研究
2.1はじめに
2.2和語の自他両用動詞の先行研究とその問題点
2.3漢語の自他両用動詞の先行研究とその問題点
2.4「自他対応」「自他交替」に関する先行研究とその問題点
2.4.1「自他対応」「自他交替」に関する先行研究
2.4.2先行研究の問題点
2.5まとめ

第 3 章 本研究の特徴と用語の定義
3.1はじめに
3.2本研究の特徴
3.2.1「コーパス準拠型」の研究
3.2.2構文を中心とした記述
3.3本研究における用語の定義
3.3.1自他対応
3.3.2各種類の他動詞構文
3.3.3連体修飾節
3.3.4基本用法と派生用法
3.4まとめ

第 4 章 和語の自他両用動詞
4.1はじめに
4.2用例収集と研究対象
4.3和語の自他両用動詞の分類
4.4和語の自他両用動詞の構文的対応パターン
4.4.1(A)類:【身体部分や身体属性】
4.4.2(B)類:【自然物】
4.4.3(C)類:【人工物】
4.4.4(D)類:【抽象名詞】
4.5まとめと先行研究との接点

第 5 章 漢語の自他両用動詞
5.1はじめに
5.2用例収集と研究対象
5.3漢語の自他両用動詞の分類
5.4漢語の自他両用動詞の構文的対応パターン
5.4.1(A)類:【身体部分や身体属性】
5.4.2(B)類:【自然物】
5.4.3(C)類:【人工物や組織】
5.4.4(D)類:【抽象名詞】
5.5まとめと先行研究との接点

第 6 章 和語と漢語の自他両用動詞の異同
6.1 はじめに
6.2 和語と漢語の自他両用動詞の共通点
6.3 和語と漢語の自他両用動詞の相違点
6.4 まとめ

第 7 章 和語の自他両用動詞と「自他対応」「自他交替」
7.1 はじめに
7.2 研究アプローチの動機付け
7.3 構文的対応パターンにおける和語の自他両用動詞と自他動詞の平行性
7.3.1はじめに
7.3.2(A) 類の構文的対応パターン
7.3.3(B) 類の構文的対応パターン
7.3.4(C) 類の構文的対応パターン
7.3.5(D) 類の構文的対応パターン
7.3.6 まとめ
7.4 各構文的対応パターンの自他派生条件
7.4.1はじめ
7.4.2(A) 類の構文的対応の場合
7.4.3(B) 類の構文的対応の場合
7.4.4(C) 類の構文的対応の場合
7.4.5(D) 類の構文的対応の場合
7.4.6 まとめ
7.5 本研究と先行研究の接点
7.5.1 先行研究の問題点の解決
7.5.2 有対自他動詞・無対自他動詞との関連
7.6 まとめ

第 8 章 結 論
8.1 研究成果のまとめ
8.2 先行研究との接点
8.2.1 先行研究の問題点の解決
8.2.2 本研究における構文と言語理論との関連
8.3 今後の課題

参考文献

付 録

 作者簡介

王淑琴

  台北生まれ。名古屋大学大学院国際言語文化研究科で博士号を取得。東呉大学日本語文学系助理教授、政治大学日本語文学系助理教授を経て、現在、政治大学日本語文学系副教授。専門は日本語学、コーパス言語学。
 

  

 
 注意事項:
1. 欲選購【按篇列印】,請先購買【月旦知識庫點數】即可自行下載列印。
2. 購買【月旦知識庫】的會員,在您完成付款手續之後,我們將於一至二個工作天內,以 email 專函通知您啟用點數。
 若有急需使用者,請洽客服專線 886-2-23756688 分機 502 ∼ 505,我們將以「隨選列印」方式提供。
3. 線上購書到貨七日內,如對書籍內容有任何疑慮必須換貨者,請於七日內連同發票寄回本公司更換。
4. 書籍退換貨處理作業時間約十個工作天 ( 不含例假日 )。
5. 由於貨運公司送貨到府需經簽收手續,請務必留下有人可簽收之收件地址,避免貨件滯留貨運 公司延宕收件、時間損失。
6. 若您選購的書籍包含預購書,本站將採批次寄發作業,待出書後一併寄發;若需分次寄發,酌收 55 元物流處理費。
7. 2016年1月1日起,月旦知識庫點數、月旦講座、元照電子書、月旦雜誌系列電子版不適用七天鑑賞期服務。>>詳細說明<<
8. 元照網路書店保留接受訂單與否的權利。
9. 元照網路書店客服專線:886-2-2375-6688 分機 502 ∼ 505。


月旦講座 元照讀書館 月旦知識庫 月旦醫事法網
月旦會計財稅網
期刊數位服務 社群平台 讀者服務 關於元照
讀者服務專線:+886-2-23756688 傳真:+886-2-23318496
地址:臺北市館前路28 號 7 樓 客服信箱
Copyright © 元照出版 All rights reserved. 版權所有,禁止轉貼節錄